読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに冷たい風が一瞬だけ吹く暖かい春の日

春が、来た。

 

春は楽しくてつらい。

暖かくなってきて桜が咲いて気持ちがポヤポヤァ〜っとするのも春だし、僕が大学を中退したのも春だ。松たか子の最低最悪のサイコ・ソング『明日、春が来たら』を誤って聴いてしまったのも春(過去記事参照:http://your-francesco.hatenablog.com/entry/2015/03/19/231007)。姪っ子が生まれたのもそういえば春。

 

‪姪が生まれたと聞き駆けつけて、母親と病院から帰るとき、駐車場を歩きながら母親が「あんたの子どもはどんなだろうね」って言うから「俺は無いものと思って期待しないで」って返したら「なにそれ」って無理やり笑いながら小突いてきて、無理やり笑ってるのバレバレでさ、俺にはその時間が過ぎるのが無限に長く感じて泣きそうなのを必死で堪えてた‬。母親に運転頼んで、家に着くまで後部座席に仰向けになって気を紛らわそうとツイッターを見たよ。それも春。

 

桜祭りもあるよね。

薄暗くなり始めの、でもまだ明るくて、たまに冷たい風が一瞬だけ吹く暖かい春の日。

一瞬だけ吹いた冷たい風に空気がかき混ぜられて、古い家の蛇口からお湯と水を一緒に出したときみたいな冷たくて暖かいあの感じが体をザッと洗い流していく。一瞬息ができなくなって、次の瞬間蘇って深く吸い込んだ春の匂いと音に脳が蕩けて卒倒しそうなあの春の夕方。

テキトーな格好でテキトーに集まって好きに食べるし好きに飲む。お前この間もそのTシャツだったじゃん。お前こそそのくたびれたヴァンズどうにかしろよ。

食べながら飲みながら話しながら、桜祭りからだんだん遠ざかって、コンビニかドンキで安い9%のチューハイとか買って、つまみはさっき屋台で買ったお好み焼きとたこ焼きがまだあるから大丈夫、右手に持ったチョコバナナはさすがにつまみになんないけど。

ふいに会話が落ち着いた、その時にはもう何話しながら飲んでたかなんて忘れてるし、気づいたら人もまばらで公園のベンチに腰掛けてるのも自分たちと遠くに見えるカップル?くらい。

てか寒くね?

俺も思った(笑)

そろそろ帰るかー

お互いまだ今日を終わらせたくないから帰ってる途中でどっちかの部屋に泊まることになって、

だったら飲み物とか食べ物買ってくか。

じゃあさっきのコンビニかドンキ戻んなきゃじゃん(笑)

まあいいじゃんあったけーし

さっき寒いっつっただろ(笑)

いや、春だからさー

なんだよそれ(笑)

帰った部屋ですぐ靴下脱いで、ああ、たくさんモノが入ったビニール袋を下げてる音っていいよなあ。テーブルにゴトっと置く感じもいいよ。んでテキトーに乾杯し直して。やっぱ何回開けても冷蔵庫にはなんもねーや。そういやこないだお前が言ってたアレ、録画してあるけど。

 

お互いあんまり酒にも手つけなくなってきて、時計見たらあぁもうこんな時間か、普段なら普通に寝てんな、つうかお前眠いだろ、めっちゃ眠そうな顔してるぞ(笑)

そろそろ寝るか、って言って電気消したら、消したばっかでまだ青白い天井のライトに照らされた部屋で一気に今日のことを思い出して、あーってため息とも声ともつかない気の抜けた音が四隅にこだまする。

やっぱあと一口飲んでから寝るか。

それも春。

冷たい亀頭

プラモ屋のおっちゃんが賽銭箱の金盗んで夜逃げしたとき、ヒーローだ、と思ったね

小生本殿から噴き出した内臓を嘘をつくなと泣きながら集める

やあ女の子やあ女の子やあ女の子やあ女の子
おれが忘れてった上着こっそり持ち帰ってさあ、たまに着たりにおいを嗅いだりしてよ

 

みんな見てるよ

 

救えないボサノバカバー聴きながら人んちの犬蹴って
全てが無料になった世界で鏡を見る(このファシスト、このファシスト)

手に持ったウイスキーの瓶は割れてて

よくわからない本当に
多分体のどっか、女の子の

カーペットに染みてくのをただ見てる

 

みんな見てるよ

 

妊婦だったら嬉しい
妊婦だと3Pだから
みんな見てるよみんな見てるよ

 

部屋の八つ角が裏返って僕は溺れた

だいたいさあ、なんつーか、なんなの

優しい気持ちになんかなれないっつの
今日も優勝しちゃった人たちに見つからないように岩陰に隠れてやり過ごしてさあ
暗いのに目が慣れたとこ

わざわざこっち下りてきて照らしてくんなよ

 

みんな見てるよ

 

私は私は私は
みんな見てるよ

意味が苦しい
私は

みんな見てるよ

私は意味が、苦しい
みんな見てるよ

わからなくなって頭が腐ってマザファカうざってえ

なにも映らない鏡からやっと悲鳴が聞こえた

みんな見てるよ

 

みんな見てるよ

夏の思い出


一瞬で頭に血がのぼって我を忘れて怒鳴ってしまうことがたまにあるんだけどそういう出来事がつい最近もあったからその話を書きます。
なぜブログに書くかというと140字以上になるからです。




的屋がいる祭りは一人や二人食中りの人が出たくらいじゃ騒がれない。だから食中りの人が出てもいいんだという意味じゃなくて、所謂「祭り」だと屋台で売られているものの値段だとか食品の衛生管理だとかは「まあ祭りだから」で許される部分というのがかなりあって、買う側もそういうリスクを大体受け入れた上で屋台の食べ物を買うからもしそれで食べた結果その中の一人や二人が食中りを起こしても事件として事が大きくなることはあまりない。
でもこれが「祭り」感の薄い本当にローカルな小さい盆踊り大会で地元のお父さんたちがやっている屋台となるとそうもいかない。食中毒の人が出てしまったらそれは大変なことだし屋台が悪いからそういうことにならないように気をつけるのは当たり前だけど、こういう小さな祭りの何が危ないかというと「ゴネ得思想の馬鹿」に一方的に負ける可能性があること。


最近地元で本当に小さな盆踊り大会があった。小さい公民館の敷地の真ん中に小さいやぐらを組んで、その周りに3つか4つ屋台(公民館の長机を繋げただけ)を出して地元のお父さんたちが焼きそばなどを作って売っている。小さい祭りだから的屋は入らない。
そこに子連れの母親が来る。
母親は子供に屋台で売っている炭酸入りのジュースを買い与え遊ばせた。
このジュースというのもスーパーで買ってきたジュースを氷水を張ったたらいに入れただけの簡素なものだ。
数十分後、子供の母親がジュース屋台の前に来て「うちの子がここで買ったジュースを飲んだあと吐いてしまった」と言った。
屋台の方は最初こそ驚いたものの、買ったジュースが炭酸でそれを飲んだのが小さな子でその子が敷地を走って遊んでいたことから「小さい子供だから遊んでいるうちに炭酸が込み上げてきて吐いたのではないか」と返した。
すると母親は、要約すると「ここで売っているジュースが屋外にも関わらず氷水を張ったたらいに入れただけのものだからジュースに菌が入ったんだ」というようなことを声を荒らげて主張しはじめた。
結局この母親は運営側に諭される形で帰っていったらしいのだが、これを知って僕は一瞬で頭に血がのぼってしまい運営側としてその場にいた僕の母親に「あの女ありえないだろ」というようなことをのべつ幕なし絶叫してしまった。オタクである。


まず屋台で売っていたジュースは近所のスーパーで買ってきた所謂普通の缶ジュースだ。これが果物などを絞って作ったジュースなら衛生管理の問題でこれを買って飲んだ子供が食中りを起こして吐いてしまうということもあり得るだろうけど、屋台で売っていたのはあくまでパッケージされた既製品だ。じゃあその缶ジュースなら食中りの可能性がないのかというとそれも100%ないとは言えないけど、まず件の女は缶ジュースが製造、出荷されて店頭に並びそれを消費者が購入して実際に飲むまでに一体どれだけの人がどのように缶ジュースに触っていると思っているのか。製造はともかく出荷する人たちや店頭に並べる人たち、あるいは自動販売機に充填する人たちはだいたい軍手をしているしその軍手が完全に清潔なものである保障は全くない。というか「完全に清潔」はありえない。商品が店頭に並べられたあとも大勢の客がそれを手に取り棚に戻しているかもしれない。そうやって不特定多数の人の手に触れられて今回の盆踊り大会の屋台で売られいた缶ジュースに一体何の根拠を持って「屋台で売られている間に缶を通り抜けてジュースの中に菌が入った」と言えるのか。それに女は「屋外にも関わらず氷水を張ったたらいに入れただけのものだから菌が入ったのだ」と言ったが一体何を言っているのか。例えばスーパーでは店頭に並んでいない缶ジュースは特に冷蔵などされることなく裏に積んであることがほとんどだし運送会社でもそれは同じだ。それにスーパーに限って言えば店頭にあるもので特に冷蔵されることもなく並べられているジュースなど数えきれないほどある。だから今回屋台で管理されていた缶ジュースに問題があるとは思えないしむしろ冷え冷えで美味しいのである。やったね。夏に飲む冷え冷えの炭酸ジュースは最高。万が一本当に子供の飲んだジュースに“菌”が入っていてそのせいで吐いたのだとしてもその責任の全てを屋台側にあるとするのはあまりにも無理があるしそれを押し通そうとするのは全くまともな人間のすることとは思えない。
自分の子がジュースを飲み吐いてしまったら誰でも驚き心配し時には製造あるいは販売している人々に抗議するだろうがその気持ちを汲み取った上でも今回のこの女の主張は無知で無謀で横柄で的外れだ。主張に全く何の根拠もなく「ゴネ得思想の馬鹿」と思われても仕方がない。


女ァ……



あぁ、今年も全国のありとあらゆる祭りでこれと似たようなことが起きていて、その中のいくつかで「ゴネ得思想の馬鹿」が“勝って”しまっているのかもしれないと思うとやるせない気持ちになる。祭り専門のパニッシャーになりたい。根拠のない主張を押し通して勝とうとしている頭のイカれたやつを逆さに吊るして背中に屋台のかき氷を押しつけるんだ。俺に、俺らに任せてくれよ。
闘う過程で小指くらい失ったりするかもしれないけど構わない。そしたら僕も屋台を出して高い値段でいい加減なわたあめとかを売るんだ。

明日は映画の日


俺は一体どうしちまったんだ。



真夜中のビル群をヒップホップ専門チャンネルが流れるスーパーカーで駆け抜ける、ハンティングの後ポップソングを聴きながら夕焼けに染まるハイウェイを走る、田舎のバーでダーツをし泥酔状態でバギーに乗って野山を駆け巡る、前までなら そうやってGTA5を楽しんでいた。なのに今の俺はどうだ、始めるやいなやダサい盗難車で目を血走らせてビーチへ向かい売春婦を拐っては山奥で殺しているだけだ。あるときは車を降りて逃げ惑う売春婦をライフルで“ハニーハント”し、またあるときは逃げる売春婦の後をずっとつけてナイフで切りつける。撲殺することもある。車に売春婦を乗せたままトップスピードで崖から飛び降りるなんてこともした。
どうしちまったんだ、なんで俺はこんなに……。



狂気にとりつかれたとしか思えない奇行の数々。既に俺の中のMADが目覚めていた。
この状態でマッドマックスを観たら俺はもう戻ってこられないかもしれない……。





しかし『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観た俺の心はなぜか浄化されちゃった!なんでって、ヤツらのほうが完全にイカれてたんだ~~~~~!!!!!!ワ~~~~~イ!!!!




マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観た日、僕のIQは完全に2000を超え(友達も「お前2000超えてるね」と言っていた)興奮のあまりとても頭のいい記事をブログにアップした。確か観客の90%以上をおっさんが占める中ひとりで観に来ていた女の子のことを「僕のフュリオサ」などと書いていてこれは完全に意味がわからないなと思った。
少し経ってIQが落ちてしまい人間と同じレベルで物事を考えるようになり同時に様々な感想などが生まれたけれど感想や考察などは本当にたくさんの人たちがしてくれていてどれも面白いのでそっちを読んでね。僕は「最高~!」としか言えないし、どれくらい最高かと言うと、先日友達が「俺も今日マッドマックス観た!」と言うから「マジで!!フュリオサとイモータン・ジョーのあのシーン最高じゃない?!Remember me?ね!」と言ってフュリオサとイモータン・ジョーの真似をしたら「あのシーンに台詞なんてあったっけ?」と言われ、ニュークスについても「いや泣けはしないけど(笑)」と言われたにも関わらず結局ドゥーフ・ワゴンとドゥーフ・ウォリアーと爆発の話を経て「とにかくマッドマックス超面白いな」というところに行き着くくらい最高。
映画秘宝玉袋筋太郎さんが「宇多丸と酒を飲んでマッドマックスへの不安を話し合っていたところ後から合流した高橋ヨシキさんが本編を観ていないにも関わらず「絶対に大丈夫だ」とキッパリ言った」と書いていてそれも「最高~!」と思った。


おそらくこれから何十回とこの映画を観てその度に「最高~!」と言うんだろうなあ。やってやるぞ!という気持ちにもなるだろう。
現に今も思い出してそういう気持ちになっているし、今の僕なら中2の夏休みの部活帰りに近所の細い交差点でエスティマ乗ったババア(多分同級生の母親)に軽く巻き込まれて自転車ごと転んで、びっくりしてとっさに「大丈夫です!」と言ったときに間髪入れず「大丈夫なんだって!○○さん!ほら!大丈夫なんだから早く行こうよ!!!」と大きな声で事をなかったことにしようとした後続車のババア(多分同級生の母親)を車から引きずり出して鉈で頭をかち割ってやれる気がするよ。っていうかしてえ。エスティマのババアも許さねえぞ、僕の車のフロントに磔にして怒りのデス・ロードをドライブしてやる。







そういえば『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を鑑賞して思い出したんだけど、僕は小学3年生のときに道徳の授業で観た、昔僕の地元で起こったという水をめぐる大きな争いを切り絵風アニメにしたビデオの中の「怒りが頂点に達した農民が相手農民の頭を鉈で割り血が吹き出るシーン(そのシーンだけ背景が真っ白になって人や物がシルエットしか映らない)」で何かに目覚めたんだった。どうりで立派な道徳観が育まれたわけである。僕は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を通じてつくづく学校教育の尊さを感じた。ありがとう、学校。ありがとう、マッドマックス


とはいえ衝撃のあまり覚えていないシーンがけっこうあるので明日もう一度観に行きます。『セッション』も観ちゃう。グフフ。

マッドでラブリーな土曜日


f:id:kimifra:20150620182844j:plain





マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観に行ってきました。
最近全然映画館へ行っていなかったのでそういう意味でもかなり高まっていて、ヤッタヤッタ~!となっていた僕。
最寄り駅で電車に乗って目的の駅に行くまでの間は『I'm in the mood for dancing』なんかを聴いてニコニコしていたのに目的の駅に着いた途端「俺はこれから『マッドマックス』を観に行くんだ。かかってきやがれ」という気持ちになって険しい顔をして歩きながら『No church in the wild』などを聴いて映画館へと向かった。



映画館に着くとめちゃくちゃ人が並んでる!!!しかも年齢の幅が広くて親子連れもいるぞ!ひえ~~~畜生~~~~『マッドマックス』すげえ~~~いい席取れねえ~~~~

「おめえらもマッドってことかよ…上等だぜ……。」“許すまじ!悪魔のカード会社指定システム”によって地元映画館のオンラインチケットを買えなかった僕はそう呟き悪魔に魂を売った窓口の××××どもに心のソードオフショットガンを突きつけ長い長い列に静かに並んだ。並んだとき女の子に肩がぶつかってすぐ謝った。
窓口が近づいて初めてわかったけど並んでる人たちのほとんどがいわゆるラブライバーでした。ハハ!焦った~!かかったな!!馬鹿め~~~~!
心のオルゴールを手に入れた腋汗ぐっしょりの僕は宇宙を包む巨大な母性のような優しい顔で『マッドマックス』を1枚…あ、あれ?『マッドマックス』ガラガラじゃん……。い、いい席取れたのはいいけどそれはそれでなんか……。いやいいんだけど!!!いいんだけど!!!


その後、近くのスーパーへと走り朝食を調達しイートインコーナーで映画秘宝を広げたんだけど友達から電話がきて全く読めなかったり後ろの席の熟年夫婦は朝だってのに大喧嘩始めてみんな引いたりで今日はなんてラブリーな日なんだろう。




そうこうしているうちに上映3分前とかで、僕はなんでいつもこうやって毎回結局ギリギリになってしまって焦ってるんだ、間に合うかどうか時間ギリギリのところであたふたするのが本当に嫌いなのに毎回やってしまう!しかも映画秘宝を1ページくらい読んでから本編観たかったなあとか思って急いで席についたら割りと席が埋まってることに気がついてしかも誇張なしに観客の90%以上がマッドマックス世代のおっさんたちだった!しかも僕の斜め前には行列に並んだときに肩がぶつかった女の子が!ひとりで!君は僕のフュリオサだ!!!俺はこれからこのおっさんたち(+僕のフュリオサ)全員と『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というイカれた装甲車に乗って死へのライドをキメるワケだな!!!一気にテンションがあg@8g4tktettw!!1!!!!!





本編の感想!!!!!!!最高最高最高最高!!!!!!!!!!!!!!!ママー!!!!!!!!!ママーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!うわあぁぁあああああああ!!!!!!!!!!!あぁぁああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!
IQが爆上がりしてしまいました!!!!!!!


120分ほぼずっとカタルシスというドラッグのような映画でした。いや、ドラッグそのものかもしれません。カタルシスの意味そこまでちゃんと理解していないので勘弁してください。全く関係ないんですが僕は先輩が「カタルシス!カタルシス!」と言いながら路上で嘔吐している動画を持っていて今それを思い出しました。本当に関係ないですね。びっくりしました。



じゃ、これから映画秘宝とパンフレット読むからまたね!!!!!!!